今週もCRISEへジャマイカンアーティスト

2007年03月26日

レゲエのレコード屋

4e320525.jpg


しんたろー氏がターンテーブルを購入して、
ちょっとレコードの話になってたんで、
今日はレゲエのレコード屋の話をしようかと。

根本的に普通のレコード屋とレゲエのレコード屋って
まったくもって違います。
全然違う。

なにが違うかというとレゲエのレコード屋は視聴ができる!

これ、素敵なシステムなんだよね。
普通のレコード屋って(そこまで詳しくはないんだけど)
視聴できないとこもあるし、
できても、店員に言わなきゃ駄目なとこもある。
視聴台としてターンテーブルがあっても1台しかないし
なにせジャケットをビニールのカバーから取るのはだるい。

これがレゲエのレコード屋になると
ターンテーブルが数台置いてあって
「どうぞ、ご自由にお使いください」状態。
店によっては視聴したレコードを棚に戻すことなく
足下のboxに置いておけばOKっていうシステムも。

そんなわけで、レゲエのセレクターは棚から数十枚取っては
視聴機に向かい、買うかどうか選別するわけです。

しかもレゲエの場合、
ジャケットなんてものはないんだよね。
無地の紙に入ってるだけ。
だから、スイスイ視聴できて、
気に入ったものをバシバシ買えるわけ。

おかげで20枚、30枚お買い上げってのは
ざらになってしまいます。
だってレコード屋にある何千、何万とあるレコードを
端から端まで全部聞けるんだもん。
あれもこれも欲しくなっちゃいますよ。

だから、自分なりのレコード屋の回り方とか
みつけてきて、またそれが楽しくなるわけです。

その辺の話はまた機会があるときにでも。

at 22:14│
今週もCRISEへジャマイカンアーティスト