2006年11月26日

Luther Flavor

昨日は横浜のCLUB & BAR Lutherで『Luther Flavor』と題打ってイベントを行いました。まずは、遊びに来てくれたみんな本当にありがとう!!

実はこの『Luther』で1月にイベントをやったんだよ。その時は、あえてここをレゲエ色にして、楽しもう!というスタイルでやったの。今回は逆にsoul musicとかR&BとかのLuther色を出しつつ、うちら流のPARTYイベントをやってみよう!というコンセプトでイベントをやってみました。

そんなわけで、早い時間のworm up タイムはLutherオーナーの"宮崎さん"がDJブースに入り、渋い選曲で魅了。まずはイイ感じで始まります。その後、だいぶ人が集まりだしたので、場の空気を一転、いきなり"マル"がゆったりとしたファンデーションレゲエで、ジャマイカ特有の暖かくホノボノした空気にさせてくれます。

この辺りから、だいぶお酒が進んだのか、いつの間にかテキーラが登場してきたせいか、みんな動きが大きくなってくる。そして、DJブースにマイクを持った"ケイン"が登場。いつもの例の調子でフロアを煽る。今回、"ケイン"はMC、"マル"がレコードを選曲するというスタイルでこのレゲエタイムをプレイしたので、"ケイン"はいつもよりMCに専念できて、なんか調子いい感じ。フロアもだいぶ暖まり、みんなハシャギだして楽しそう。肩車して飛び跳ねたり・・・って、おい、怪我だけはすんなよ!

"ケイン"と"マル"のレゲエタイムが終わったら、今度はLuther元店員の"オノ氏"の出番。実はここからが本番。こちらの要望通りバッチシとLuther色を出してくれます。「久し振りだから緊張したよ~」なんて言っておきながら、あいかわらずナイスなテクニック振り。フロアはさっきまでのハシャギっぷりがさらに加速。踊る曲には狂ったようにダンスをし、弾ける曲にはポップコーンのようにハジケまくる。カメラを向けると物凄い勢いと最高の笑顔で集まってくるので、もう楽しくてしかたありません。

そして、ラストは"シンタロー"の出番。彼がDJブースに立つとシンタローコールが。どんだけ暖かいんだろうか。みんなが彼を待っていたんだろうね。みんな、声をあげ、手をたたき、そして、身体を動かすことでシンタローの選曲に答える。「ちょっと懐かしくてツボだった」っていう声が聞こえたように、今日来てくれたみんなには分かりやすく、ノリやすい曲ばかりで、この日一番の盛り上がり。みんな笑顔で終了。今回もいいイベントになりました。

最後に喋ったけど、やっぱこういうイベントっていうのはみんなの協力があるから楽しめると思う。主催側だけの力じゃできない。DJ陣の力があって、お店のスタッフからの協力もあって、そしてなにりも遊びに来てくれたみんなの力があるからこそ、最後の最後まで楽しく笑顔なPARTYイベントができるわけ。だから、来てくれたみんなに本当に感謝しています。ありがとう!!

今回はVol.7。もちろん、Vol.8もやります!もう、構想入ってます。日にちもほぼ決めてます。今回、遊びに来てくれた人はもちろん、残念ながら来れなかった人も、みんなでまた遊びましょう!!



at 19:48│

この記事へのトラックバック

1. C  [ 27 ]   2006年11月26日 21:53
tk