2006年04月26日

穴があったら入りたい

たまにはお仕事の話をしようかと。

自分の仕事はまあ皆さん知っている例のアレなんですけど、そんなにしょっちゅう出場しているわけじゃないんですよ。そこまで災害はないんです。でも、出場していないと、ダラけてくるわけではなく、逆に新人の自分なんて「もう、そろそろ来るだろう」って気合いが入ってくるわけ。感覚を取り戻すため、いろいろな場面を想定してイメトレをするわけなのよ。

そんな感じなもんだから、昨日、夢にも出場する夢を見たわけ。さらに、上司とも「もうそろそろ、ドカンと大きなの来そうだな」って話しなんかしちゃって。だから、今日の当直なんて「絶対にくる!」そんな予感がしてたまらなかったのです。

で、今日の深夜、「とりあえず寝よう」といつも通りに1時に寝室へ。布団に入っても気が高ぶってなかなか眠れません。そして、ようやく眠りについたと思ったら・・・、

ピーポ、ピーポ、ピーポ

寝室に救助出場のベルが鳴り響くじゃないですか。「ほら、見ろ!やっぱ、きたじゃねぇか!任せろ、オレは準備万端だ!」と前回、寝ぼけ眼で車に乗ってしまい、「場所どこ?」となってしまった反省を活かし、流れてくる指令に耳を傾け、メモを取りながら、ダッシュで寝室を飛び出そうとするオレ。ぬかりないぜ!って思ったのもつかのま。救急の人が「これ、救急要請。お前出ないよ」なんて言うじゃないですか。そうです、見事な空回り。一人でテンション上がって、一人でやる気になってバタバタしてました。

翌朝、もちろんその話しになって「なんか、ライトついてないのに、バタバタしてた奴いたな?」なんて言われてしまって、顔から火が出るような恥ずかしさで「それ、自分です」って手をあげました。「気合いは入ってていいんじゃないの(笑)若いっていいね~」なんて笑われちゃいましたよ。あ~、恥ずかしかった。

まあ、そんな感じで空回りしながらガンバってますよ。怪我はしないように張り切っていきます。

at 02:16│