韓国2日目(後半)明日はドライブだ!

2006年04月14日

韓国3日目

『NANTA』『板門店』『カジノ』『マッサージ』当初の予定ではこれらを三日間の予定で行って、帰国するつもりだったんだけど、スケジュールを詰め込み過ぎて二日間で全部やっちゃったんです。ってわけで、やることがない。最終日で14時にはホテルでツアーガイドさんと待ち合わせだから、そこまで時間もない。中途半端なんだよね。「とりあえずやることなければ、飯を喰おう!」その合い言葉でビビンバを食べにまたもや繁華街の明洞へ行くことに。 

 で、食べた、朝ご飯が石焼きビビンバに海鮮チジミというなかなかのボリュームだったんで、親父さんはすでにお腹いっぱい。さすがに「やることないんだから、喰うしかないんだよ。はしごだぁ~。ニ軒目に行くぞ~!!」なんて可哀想すぎて言えません。どうしょうもないんで、ソウルタワーっていう観光名所を登ってみることに。
 
最初は、「タワーなんてどれも景色がいいだけで、同じだろ」って思ってたんだけど、「○○と煙は高い所が好き」っていうもんで、登ってみたら、なにげに興奮している自分がいました。やっぱ景色がいいと気分がよくなるもんだね。望遠鏡なんかも覗いちゃったもん。

 そうそう、ソウルタワーでちょっと休憩しようとレストランへ入ったわけ。初めて、日本語が通じないところでねぇ。お互いに慣れない英語を使って大変でした。日本と韓国、隣同士の国で顔とかも似たような作りをしているのに、コミュニケーションをとるには西洋の英語という言葉を使わなくてはならない。ちょっと寂しい気がします。日本人ももっと積極的に韓国語を覚えたほうがいいよな~。って思ってても、やっぱり、なかなか行動には移せないんだけどね。
 
そんなことを思っていたら、気づいたら13時30分。ガイドさんと待ち合わせの14時までもうすぐです。結局、ソウルの名所である東大門とか南大門の市場には寄らずに帰ることに。まあ、男二人が買い物っていってもピンと来ないよね。それとも、やっぱ面白いのかな。次回、韓国に行く時は市場も行ってみたいものです。

そんな感じで、二泊三日の韓国ツアーが終わりました。帰ってきて、二人とも思ったことが
『韓国は楽だ!』ということ。近いし、日本語通じるし、食事も日本人に合う。数年前に行ったニューヨークなんて遠いし、日本語まったく通じないし、食事は投げ出しそうになるし。ってわけで、韓国は快適すぎる旅でした。今回、『食い倒れの旅』のつもりで韓国に行ったんだけど、自分の食べたいものの半分しか食べれなかった。
韓国にはおいしそうなものが、まだまだ沢山あるから近い内にまたフラっと行きたいもんです。

そのために言葉ももうちょっと喋れるようになりたいな。今回は『アニョハセヨ(こんにちわ)』『カムサハムニダ(ありがとう)』しか使ってなかったからな。

韓国は本当に楽に行ける場所なんで、みんなもよかったら遊びに行ってみてね。


at 19:47│
韓国2日目(後半)明日はドライブだ!