2006年02月24日

騙された~!

前の当直でやっぱり寝不足だったわけで、明けの次の日はもう腐るほど爆睡してました。11時に帰ってきて18時まで寝て、飯食って、22時には眠りについちゃった。だって眠かったんだもん。

そうしたら、またもや深夜2時半に起されました。今日は例の音じゃなく親父の声。「明日、バイトしてくんない?人いないんだ」寝起きで頭が働いていないオレが「はあ?せっかくの休みになんで仕事しなきゃいけないんだよ」なんて言えるはずもなく、あっさり快諾。今考えると後悔。「朝一で一仕事してくれればいいからさ」なんて言ってたから午前中には終わると信じこんで、ひさびさのバイトへ。

知らない人もいるかもしれないけどウチの親父の仕事は産業廃棄物処理業やってましてね。学生時代はよく手伝ってバイト代もらってたわけです。

で、さっそく現場に着いてみたら驚いた。見事な鉄くずの山。とある事務所の机やらロッカーやらを処分するらしい。見事すぎる量に笑うしかありません。「親父め、一仕事なんてウソつきやがったな、どう考えても一日分じゃねえか!」まさしく騙されました。「そりゃあ、簡単に終わる仕事だったら、頼まないよ」なんてポップに吐き捨てる親父に一瞬殺意を抱いてしまいました。

とまあ、そんな事を思っても、結局がんばってしまうのが自分のいい所なのか、悪いのか分からない所。途中で何度も騙され芸人、大泉洋さんのことが頭に浮かんできました。

「オレだって、いまいち何でこんなことやってるか分かんないもん。でも、がんばっちゃうんだもん」

そうやって黙々と働いている大泉さんが今日の自分とオーバーラップしてきました。大泉さんはこうやって騙されてるんだな。「今日の仕事はなんなの?」「嫌だ、教えない!」なんていう言われる気持ちが少しは分かりました。でも、海外旅行に行くのに行く先を教えてもらえないというのだけは勘弁して欲しいもんです。

at 09:57│