2005年12月28日

鍋パーチィー

I本氏という、大学時代のバイトの仲間がいるんです。彼が「鍋をやろう」と言い出しましてね。ちょうど休みだったんで久し振りの仲間とI本氏の家で鍋パーティーをしてきました。

年末のこの時期によく集まるんだけど、そのI本さんが30日にお誕生日なんですよ。年末だからついつい覚えていましてね。今年も何かをあげようと思い「最高にいらないもの」をプレゼントすることにしたのよ。で、みんなにもメールで「思わず苦笑いしかしないものをプレゼントで用意すること」と送って準備したのよ。オレが買ったのは100万円札。いらね~!

そんな感じで一人ハンズで爆笑したあとI本家に向かう事に。久々のI本家は思ったよりくつろげました。途中からジャパン(日本酒)を飲んでたせいか、オレよくしゃべる。もうね、しゃべりすぎだね。自分でも分ってんの。調子に乗りすぎてるなって。でもね、止まらないんだよ。もう、オンステージみたいな感じ。いや~、居心地がよかったんだろうね。場所もメンツもさ。

さて、そんな感じで宴もたけなわになったところで、プレゼントタイム。もちろん本人には内緒なんでかなり驚いてました。そして、出てくるプレゼント達。一つ目、ダーツの部品。袋むき出し。
「はい、これあげる」
「どうせ、家に余ってたんだろう」
「そうだよ、文句ある?」
いや~、愛がありますね(笑)

続いては、コンビニで買ってきた手品のおもちゃ。リアクションに困っている彼を見ていると笑いが止まりません。その次はパーティーゲームのおもちゃ。なにげに使える。

で、オレのプレゼント。

「いや~、何をあげるか考えたんですが、やっぱり一番、お金が欲しいかと思いまして」
「そうだね。やっぱり現生が一番嬉しいかもね」
「というわけで、おもいっきり使ってください」
「うわっ、御祝儀袋にまで入れてくれたの。ありがとう。っていうか厚すぎだねぇ。こんなにもらっていいのかな」

妙に厚すぎる御祝儀袋を開けるI本

「わっ、100万円じゃん!こんなにもらっちゃ悪いよ~」
「いやいや、ボクの気持ちですからもらってくださいよ~」
「え~、こんな大金どうやって使おうかな」
「もう、ギャバクラとか行って、この100万円札をドンっと投げてきて豪遊してくださいよ」
「これで支払いできるのか?今まで一回も見た事無いぞこんなお金」
「いや~、大丈夫ですよ。なにせ100万円ですから」
「そうか、使えるのか?捕まってニュースとか載っても知らないぞ」
「いやいや、ボクはいっさい責任とりませんから」

なんて、おもちゃの100万円札一つでこんなバカなやり取りをして笑ってたのでした。ずっと笑っていた夜だったね。

at 20:15│