2007年03月

2007年03月31日

ジャマイカンアーティスト

最近、休みになるとレゲエのサウンドシステムによる
爆音が恋しくてしかたないケインでございます。
どうもです!

ってわけで、昨日はジャマイカアーテイストが来日している
という情報をゲットしたので
もちろん飛びついて、関内のANSWERっていうクラブに
行ってまいりました。

そのアーティストの名は
『Junior Kelly』
cdca2d84.jpg
 

正直、超有名ではありません。
みんなが知っているような
SEAN PAULとかBEENIE MANとか T.O.K
のような、インターナショナル的なアーティストではないね。
知る人は知っているって感じかな。

じゃあ、自分はというと・・・

大好き!!

歌も歌えて、Dee Jay(ラップみたいなの)もできる
シングジェイ スタイルが好きな自分にとって
このJunior Kellyはもろにストライク!
レコード集めだした当初は
Junior Kellyを見つけてはゲットしていたもんです。

そんなわけで、高揚した気分を押さえながら
関内のANSWERというクラブへ。
初めて行くハコだったんで
どんな所かなと思ってみたら4階にあって少し幻滅。
やっぱクラブは地下の方が音がいいよなぁ。

まあ、そんくらいのことはスピーカーの直近(数十cm)にいれば満足できるわけで
今日もテキーラとか飲みながら
レゲエの図太いベースに身体を気持ちよく揺らし
楽しんでたわけです。

そして、SHOW TIME! JUNIOR KELLYの登場!

5cb81e77.jpg


いや~、本当にいいライブだったよ。
スゲー熱かった!お客さんも熱かったけど、JUNIOR KELLYも熱かった!

オレ、今回気合い入れて最前列で見てたの。
もう、手が届く距離とかじゃなく、普通に隣で歌ってる感じだから
JUNIOR KELLYの汗とかツバとか体温とかモロに感じてね。
半端じゃないバイブスだったよ。

JUNIOR KELLYのバイブスがメチャメチャ伝わるから
お客さんもMUSH UP!
熱く、そして、暖かい、とてもいいライブだったわ。

やっぱ現場はいいですな。
とくに、こういうラスタ系のアーティストは
音源なんかと全然違う。
レゲエに少しでも興味を持った方、ぜひ生を感じてみて。
くらうからさ。

at 21:03|Permalink

2007年03月26日

レゲエのレコード屋

4e320525.jpg


しんたろー氏がターンテーブルを購入して、
ちょっとレコードの話になってたんで、
今日はレゲエのレコード屋の話をしようかと。

根本的に普通のレコード屋とレゲエのレコード屋って
まったくもって違います。
全然違う。

なにが違うかというとレゲエのレコード屋は視聴ができる!

これ、素敵なシステムなんだよね。
普通のレコード屋って(そこまで詳しくはないんだけど)
視聴できないとこもあるし、
できても、店員に言わなきゃ駄目なとこもある。
視聴台としてターンテーブルがあっても1台しかないし
なにせジャケットをビニールのカバーから取るのはだるい。

これがレゲエのレコード屋になると
ターンテーブルが数台置いてあって
「どうぞ、ご自由にお使いください」状態。
店によっては視聴したレコードを棚に戻すことなく
足下のboxに置いておけばOKっていうシステムも。

そんなわけで、レゲエのセレクターは棚から数十枚取っては
視聴機に向かい、買うかどうか選別するわけです。

しかもレゲエの場合、
ジャケットなんてものはないんだよね。
無地の紙に入ってるだけ。
だから、スイスイ視聴できて、
気に入ったものをバシバシ買えるわけ。

おかげで20枚、30枚お買い上げってのは
ざらになってしまいます。
だってレコード屋にある何千、何万とあるレコードを
端から端まで全部聞けるんだもん。
あれもこれも欲しくなっちゃいますよ。

だから、自分なりのレコード屋の回り方とか
みつけてきて、またそれが楽しくなるわけです。

その辺の話はまた機会があるときにでも。

at 22:14|Permalink

2007年03月23日

今週もCRISEへ

今日は上永谷にあるレゲエバーCRISEに
レコードを持って遊びに行ってきました。

前からレコ-ド持ってきていい?
って話はしてたんだけど、
機材の不調やらでなかなかDJブースが使えず
3ヶ月ぶりくらいに回させてもらいました。

やっぱ家でやるのと、こういうお店でやるっていうのは
全然違うわけで、スゲー勉強になるわけですよ。

ミスとかバレバレだしね。

まあ、最初は固かったけど、
途中からはビールを片手に気分よく回してました。
あんな曲やら、こんな曲などいろいろ回してたんだけど
22時からスタートして、いつのまに時計の針は1時。
やりすぎじゃない?

かなり疲れたけど、十分楽しませてもらいました。

その後はみんなでダーツやらジェンガやら、トランプやらを
テキーラの罰ゲームを餌に真剣勝負。
そんなことしてたら、気づくとすでに5時。

ちなみに次の日の自分の予定は
午前中に駅伝大会。
なのに朝5時までテキーラってどういうこと?
おかげで全力疾走したら死ぬかと思いました。


ってわけで、上永谷のレゲエバー「CRISE」は
とっても素敵なお店なんでみんなもぜひ足を運んでみてください!

at 23:22|Permalink

2007年03月22日

江ノ島まで

明日から休みなんで
「ちょっと今日はどこかのレゲエ現場に行きたいな」
と思い、携帯でちょちょいと調べてみると
江ノ島でレギュラーイベントがあるじゃないの。
平日のレギュラーイベントって
いろんな意味で危険な香りがするから、
誰も誘わずに一人でふらっと行ってきました。

クラブの前まで行くと、
そうとうでかいベース音が漏れまくってるから
かなり期待して、中に入ってみたわけさ。

そこにはずぶといベースラインに
身体が震えるくらいの音の振動。
レゲエのサウンドシステム特有の爆音が待ち構えてたわけです。

う~ん、最高!!

って思ってみるも、回りに人がいない・・・。

どう考えても、関係者(出演者)ってのが数名と
その連れが一名。

客はオレのみ?

おもわず、くらっちゃいました。
平日のレギュラーってこんなもんなのかな。

まあ、正直、人が少ないのなんて
酒が入って気持ちよくなってくれば、全然関係なし。
サウンドシステムから流れ出すでっかい音で
レゲエを聞いてればそれだけで満足なんです。
それだけで幸せなんです。

って、十分気持ちよくなって帰宅。
ああ、お腹いっぱい!!

at 23:56|Permalink

討ち入り完了!!

559f2921.jpg


さきほど討ち入りをかましてきました!!

って、いきなり討ち入りって何?って感じなんで軽く説明を。

まず、「水曜どうでしょう」という
北海道のローカル番組があるんですよ。
今、テレビでいろいろ活躍している「大泉洋」という
タレントが人気でたのも、この番組が面白かったから。

まあ、番組の中身はというと、
ただタレント2人とディレクター2人の4人で旅をして
たがいにぼやいたり、口喧嘩をしたりして、
爆笑しながらいろんな所に行くって話です。

まあ、それがおもしろいかどうかはおいといて。

その番組のDVDっていうのが不定期ながら発売されていて、
今回第8段なんですよ。
で、このDVDを手に入れるためには、
ローソンで予約をして、
受け渡し日に取りに行くという、
少々面倒くさいシステムなわけ。

というわけで、今日がその受け渡し日だったのさ。
で、全国の"どうでしょう馬鹿"は待ちに待ったこの日に
勢い余ってDVD受け渡し日の0時ちょうどに
ローソンに駆け込む様を
「討ち入り」と称したわけです。

ってわけで、自分は残念ながら
0時ちょうどとはいかなかったけど、
ローソンに討ち入りかましたわけです。

で、さっそく
同じくどうでしょうにハマっている母ちゃんと
一緒に鑑賞会。
もうすでに1度見ている番組なんだけど
2回目、3回目と何度も見直すと
面白さが増すのがこの番組の不思議さ。
大泉さんの騙され芸人ぶりは
やっぱり見れば見るほど爆笑を誘います。

ってわけで、どうでしょうを知らない人けど
「ハケンの品格」とかで大泉洋って人が
おもしろいと思った人は
ぜひ水曜どうでしょうを見てくださいな。
面白すぎです!

at 21:08|Permalink