2006年03月

2006年03月18日

チケット争奪戦

a5dac08e.jpg

スノーボードをし終わった後は、たいてい温泉でも入って、旨い飯でも喰って、帰るという、いわば悠長な時間の使い方をするんですが、今日はそんなにのんびりできません。なにせ、今日の19時から横浜レゲエ祭の先行予約が行われるのですから。横浜レゲエ祭といえばもう日本のレゲエ界では超有名なイベント。世界に誇るMighty Crownが地元横浜で行う日本最大のレゲエ祭りなわけです。去年、おととしと2万人集めて、今年の会場は横浜スタジアム!キャパ、35000人!!3年連続で行けてるわけですから、そりゃ、今年も行くしかないです。

Striveという雑誌の号外で仕入れた情報で仲間と全力でゲットしようと団結。今回はレゲエ好きしか、わからないような情報なんで一番チケットをゲットする可能性が高いかも。ちなみにオレは日帰り温泉施設の駐車場で予約開始の時間を待ちました。18時50分に仲間に確認の電話。「準備OK?」「ばっちし!」「健闘を祈る」そんな合い言葉のように短絡的な言葉で、互いに気合いを入れます。

そして、運命の19時。リダイヤルボタンをスタート!「現在おかけになった・・・」ちくしょう!、やっぱ繋がらねえ。そりゃ、そうだ横浜レゲエ祭だもん。すぐさま、電話を切って、リダイヤルボタンを再プッシュ。もちろん「ただいま込み合ってます・・・」予想通り厳しい戦いになりそうだ。今回の先行予約は35000枚中、3000枚。いったいどれくらいの人が取りに来てるか分からないから、とにかく何度もプッシュするしかないわけ。リダイヤル押して、「込み合ってる」を聞いて、切って、またかけ直す。延々とこれの繰り返し。

10分すぎくらいまでは気合い入ってるから「来い!!」とか話し中になって「惜しい!」とか叫んでるわけですよ。(まあ、話し中の何が「惜しい!」なのか全くわからないんですけど・・・)でも、そんなのに一喜一憂してるのも20分くらいまで、それからは、俄然やる気なしで黙々と携帯をいじってます。車の中で無表情で携帯をいじっている男。想像してみてください。気持ち悪いです。

そんなこんなで、ロボットのごとく単純作業を続けて30分。ガチャ!!っていつもと違う響きが携帯から聞こえます。「ナビダイヤルでお繋ぎします・・・」ヨッシャー!!来たー!!ようやくかかった!!車の中で大声で吠え、興奮で震える手を押さえ、アナウンスに従い操作するオレ。「今年もレゲエ祭に行けるんだ!」そう思い、感激でこぼれそうな涙を我慢しながら、チケットの枚数を6枚と設定すると、「その枚数ではお取りできません」とアナウンス。なにやら不穏な空気しか感じません。今までの浮かれ気分は一気にふっとぶ。だって、枚数制限6枚なはず。嫌な予感をしながら、操作をもう一度繰り返すと「このお席は売り切れました」と非情なアナウンス。チクショー!マジかよ、完売かよ!!

やっぱ、完売になるとショックがデカい。しかも、今回の先行予約って、レゲエ好きばっかなはずだから、これを逃して一般発売になったら、もっと競争率上がるもん。もしかしたら、今年は無理かも。メチャメチャへこみました。


それから1時間30後、仲間から一通のメールが。な、な、な、な、なんと!チケットをゲットしたっていうじゃないですか!やった~!!もう、浮かれるオレ。さっきまで絶望だったから、余計嬉しい。思わず、吠えました。ウォー!って。温泉の休憩所で。周りドン引き。いや~、それくらい嬉しかった。ホント感謝、感謝ですよ。牧野さんありがとう!

こうして、横浜レゲエ祭チケット争奪戦はオレは負けたけど、仲間がガッツリとゲットしてくれました~!!いや~、ロボットと化して携帯を打ちまくった、あの30分が無駄にはなんなかったんだな。ホント嬉しい。もう、横須賀方面に足を向けて寝れません。今日からベッドの向きを変えて、仕事で争奪戦に参加できなかった山口さんの方に足を向けてやります。ウソです。仕事ならしょうがないね。

いや~、今年で4年目の横浜レゲエ祭。横浜スタジアム、35000人、区分はグラウンドレベル。もう、最高でしょ!あと肝心なのは、休みを取ることか・・・。なにげに、その方が大変かも(泣)







at 19:19|Permalink

渋滞のバカヤロー!!

今日は休みなんで、ひさしぶりにスノーボードでもしようかと思って、板を車に積んで新潟に向けて出発しました。出発が当初の予定より30分遅れてしまったもんで「渋滞大丈夫かな~?」って心配してたんだけど、見事にその不安が適中!

とりあえず、環八が大渋滞。谷中トンネル工事のためで、5km以上前から全然進まない。そこで1時間以上のロス。しかも、環八の渋滞が終わりかけた瞬間に目に飛び込んできたのが、関越道渋滞の文字。「練馬で事故渋滞?しかも、そのあとも所沢から15kmの渋滞?」絶望感しか感じません。おもわず車を放っぽりなげ、電車でスキー場に向かいたくなりました。「ちくしょう、空飛びてぇ」なんて訳の分からないことをつぶやきながら、関越道へ。

もう、こうなったら開き直りです。渋滞なんてハマったら焦ってもしかたない。コーヒーでも買って、お菓子喰いながら、マンガでも読みながらリラックスです。渋滞にハマるという事実をすっかり忘れて、のんびりする休憩タイムととらえなくてはいけません。「朝日が心地いいな」って、すっかり車を運転しているのを忘れるほどリラックス。おかげでここでも1時間以上ロスしました。

さらに、高速降りて、下道を走っていたところ、休憩ポイントとして予定していたコンビニが無い!ATMでお金を下ろさないといけないため、絶対にコンビニに行かなくてはいけないため、峠道に入る前にUターン。ここでも1時間ほどの遅れ。

結局、着いたのはお昼時。午後券を買うはめになりました。まあ、結果的には昼飯をおにぎり1個としてがんばったんで、なにげにお腹いっぱい滑った感があったんでヨシとしよう。渋滞もまた一つの思い出です。

at 06:50|Permalink

2006年03月14日

勝負!

先日、ここに書き込んだ通り、意見発表会というのがありました。オレはうちの署の代表だし、新人の代表なんだ!って勝手に意気込んでテンションはイイ感じ。練習もそれなりにして準備は万端。もはや、やれるだけのことをやるつもりで挑みました。

冷静さを保ってたつもりだったけど、自分の順番が来て、演台の前に立つとやっぱり緊張っていうのは出てくるもんですな。200人近くの偉い人達が自分に集中されるとやっぱり正常心を保つのが大変。足が軽く震えているのをごまかすのに大変でした。

しかし、身体はビビってたけど、なにげに心はそこまでテンパってなかった。大きな声ではっきりと喋っていると、不思議と原稿が頭の中にすらすら入ってくるもんでした。そうなると、なにげに冷静になり、自分の気持ちをしっかりと訴えようという意識を高く持って発表ができたわけです。練習の時よりもいい手応えで自分的には満足で発表が終了。あとは結果を待ちます。

審査が困難だったらしく、当初の予定時間を大幅にオーバーして、いよいよ結果発表。優勝者には関東大会出場資格がゲットできるんです。オレは自分のやれることをやったつもりだから、手に汗を握りしめて発表を待つ。「来い!ここまでやったんだから、勝ちたい!!」そう、念じていたけれど残念ながら名前は呼ばれず。結局3位にも入る事はできませんでした。

正直、悔しい!!勝ちたかった!!まあ、優勝者はやっぱこの人だなって感じだったし、新人のオレはやっぱ実体験や経験というのが薄い感じがしたね。説得力がないんだよね。でも、新人らしく、爽やかですがすがしい決意みたいなものを、胸はって表現できたと思うんで満足です。晴れ晴れしく負けました。おかげで帰り道、雲一つない青空だったせいもあって、やけにすっきりした感じで帰れたもん。でも、やっぱ悔しい!来年も再挑戦したい!リベンジっす!!

at 10:29|Permalink

2006年03月12日

やるには一番を!

うちの会社で意見発表会というのがありまして。各所から一人代表が選ばれて、決められたテーマについて意見を発表するわけです。で、ウチはなんと自分が代表に選ばれました。知識が全然ないぶん、メチャメチャ感情を込めたのが正解だったのでしょうか。

で、14日に横浜市の各所から集まった代表22人が本戦を行うわけです。新人の自分だけど、若さと勢いで一発大金星を上げてこようかと意気込んでいるところです。とりあえず「熱く語らせたら横浜一」の称号をゲットしてきますよ。もちろん、目標は全国制覇!いっちょ狙ってみますか!!

at 20:51|Permalink

2006年03月11日

一日、満喫!

a05c0000.jpg

「自分達でイベントやるのもいいけど、普通にダンスに行こうぜ!」先日、グッチからこんなメールが来たんで、ひさびさに渋谷のイベントに行ってきました。

と、その前に「ひさびさに普通に飲みたいもんだなあ」ってことで集合かけて軽く皆と飲んできました。話しのテーマはなんか切実なの多かったねえ。みんな大人になったのかな・・・。

さて、そんな感じで、なにげに飲んでから、本日の会場のJZ Bratに向かうことへ。初めてのハコだったから、フライヤーを片手に行きついたところが、なんと!東急ホテル!?普通にでかいホテルです。かなり面喰らって慌てるオレとグッチ。こんなところでレゲエのイベントがあんのか?ホテルの門構えだけで気後れしている二人はなかなか先へ進めません。何度もフライヤーを見直して、ホテルの二階にハコがあることを確認。勇気を持って、高級そうなエレベーターを登ってみました。

会場についてみると、実はそこはジャズバー。いや~、ビックリしたけど、逆にジャズバーでレゲエのイベントというギャップに軽くテンションがあがってしまいました。入ってみるといつものクラブと違って、なんか優雅な感じ。テーブルとかでのんびり座っている人もいればターンテーブルの前で踊り狂っている人もいて、なかなか新鮮で楽しかったな!黒人さんもたくさんいてね。彼らの踊り方がスゲーかっこよかった。思わず、みとれちゃったもん。真似しようとしたけど、全然ダメでした。誰かかっこよくなるのを教えてください。

そんな感じでなかなか面白いイベントだった。でも、盛り上がったのがメインよりゲストのCAPTAIN-Cとはな。

at 23:55|Permalink