2005年11月

2005年11月29日

本格的になってきました

身体を酷使しまくるロープワークも無事効果測定をクリアして、今週からいよいよ想定訓練が始まりました。想定訓練とはその名の通り、事態を想定して訓練すること。1班を6人として、出される想定を30分間で任務完了させるのが目的。ちなみに想定は前日に出されるわけで、一晩考える時間があって、当日実施するわけです。

これがまたまた難しい。まず、前日のミーティングがスゲー時間かかる。ああだ、こうだと救出方法を考え、必要な資機材を羅列して、役割を当てはめ、当日のイメトレをする。これだけなのに楽勝で2時間くらいかかる。実際の現場なら出場時間も合わせて10分くらいで決めなきゃいけないのにね。

ちなみに本日の想定は『高さ15mほどの崖に人が落下、重傷、なお酸欠の恐れあり』って感じでした。結果は・・・時間切れ。精進します。

at 11:08|Permalink

2005年11月27日

お茶の水

もう気づいたら街中がクリスマスな感じのわけで、冬なんだなってシミジミ感じるわけです。まあ、クリスマスなんてイベントは個人的には仕事だし、どうでもいいわけなんですが、やっぱり冬が近づくってことはスノーボードができるわけで、やっぱりウキウキしてしまいます。今年は休みを上手く利用して、北海道なんて行ってしまおうかな!なんて企んでたりして、かなり冬が待ち遠しいわけです。

そんなわけで今日はスノーボード用品を見にお茶の水へ行ってきました。ウエアを見に行ったんだけど、あれがいいやら、組み合わせがよくないやら、サイズがでかいやら、ウエア探しって大変ですね。でも、それだけ苦労したものだから決めた時の満足感っていうのは、楽して手に入れた時のものより大きいもんなんですよ。大切にしようって気持ちになる。とても重要なことですよね。

さて、気づいたら12月は目前。今年はどの山に行こうかな!新しいゲレンデ&温泉の発掘をしていきたいものです。



at 22:58|Permalink

2005年11月26日

群馬名物

いや~、やっとロープワークが終わりましたよ。厳しい7日間だったおかげで身体はボロボロ。筋肉痛、打ち身等々で痛い所ばっか。身体の痛くない部分があったら教えて欲しいくらい。そんだけ疲労困憊なわけだから、これを元通りにするには並大抵なことじゃ、できません。いつも行ってる近所の温泉くらいじゃ、癒せません。やっぱ温泉にいくなら横綱級じゃないとダメでしょう!

って、わけで行ってきました草津温泉。いや~、草津温泉最高!!マジでいいっすよ!おもわずはしごして2つの湯に浸かってきました。いい湯に浸かりながら空を見上げてボケーってする。至福の時ですな。身体はもちろんのこと精神的にも癒されましたよ。うん、やっぱり温泉は草津!かなり遠いのが難点だけど・・・。

そんな感じで草津温泉をガッツリと堪能したあとは山を下りて、街に出て、今度はG-FREAK FACTORYのライブを堪能です。いや~、今日も貫禄あるステージでした。彼らは既存曲をどんどんアレンジしていくんだよ。だから、何度見ても普通にカッケー!って思っちゃう。『days』なんてディスコ調になってこれがまたいいんですよ。そして、『島生民』激アツです。世の中の森や海を枯らすための戦争よりも、自分の仕事だったり、価値観だったり、家族だったり、恋人だったり、という身の回りの事のほうがよっぽどビックニュースなわけですよ。そして、そこで大切なものを守るためにどんな形でもいいから戦わなければいけないわけですよ。

常に前をむき立ち向かっていきたい!
そう胸に抱き、気力を十分養って、群馬を後にしたのでありました。

at 22:41|Permalink

2005年11月25日

終わった!!

今日、ロープワークの効果測定があり、とうとう長かったロープワークの訓練に終わりを遂げました。今回の課程の中で一番辛いともいわれていたロープワーク。朝から夜まで自分の身体を酷使して訓練を続けました。7日間という響きだけだと短そうだけれど、一日一日が過酷でとてつもなく長い7日間でした。そのため、5日目には一名、肩の脱臼でリタイア。6日目には腰椎の捻挫が二名、右足大腿部肉離れで一名、途中リタイアしてしまったことからも、この訓練の過酷さが伝わってくるのではないでしょうか。

そして、今日、その厳しい訓練の集大成として効果測定がありました。途中でリタイアしてしまった人の分まで頑張ってみせる!その意気込みは皆持っていたでしょう。気合いの入り方は半端じゃなかったです。いつもはロープの渡りで落ちてしまう人の気合い渡り、そして、全員で一丸になってそれを応援するみんな。効果測定は一人一人の実力を計る試験だけど、あの時は一人ではなく全員で戦ってた気がします。渡りが苦手な人も「オレだけの力じゃなかった」ってあとで語ってました。それくらい熱い時間だったのです。自分もおもわず涙をこぼしてしまったものです。

今日でロープワークが終わり、来週からは根性ではなく、技術を磨くための訓練が始まります。厳しい訓練のヤマを超えたからといって気を抜くのではなく「たくさんのものを吸収して卒業するんだ」という強い気持ちを持ち、絶対に怪我などをしないで最終日を迎えようとおもいます。

この課程も残りニ週間。本当に気合い入れ直してがんばります!

at 11:45|Permalink

2005年11月23日

満身創痍

今日は祝日なんで家に帰ってきました。今週は土日休みの後、月、火と2日経てば休みが入ってまた2日出ればいいわけで、多少楽勝なスケジュールだと思ってました。

が!全然甘かった。壮絶なロープワークの疲れなんて土日休みだけでは全然取れない。月曜の身体の重さにビビり、火曜日にはマジでやばい!って思いました。火曜の昼休みなんてお通夜みたいだったもん。みんな身体は痛いし、動かないし、手の皮は剥けまくりで、肉体的にも精神的にもかなりいっぱいいっぱい。満身創痍っていうのを初めて実感しました。

でも、そんな1日をなんとか乗り越えて、本日の休みまで辿り着きました。案外、限界は超えられるものなんですかね。手をまともに握る事のできない握力でロープを渡ったり、登ったりする自分が不思議でしかりません。人はこうやって強くなるんですかね。

とりあえず、この訓練のピークは今週いっぱいらしい(噂によると)ので、とりあえず、気持ちだけでは負けないようにがんばってきます。

at 22:20|Permalink